古生物・環境変遷

顕微鏡サイズの化石から恐竜などの大形化石を基に生物の適応進化様式と地球表層の環境変遷、地殻進化プロセスついて研究を行っています!
Keyword: 地球史、生物史、古環境、地層、大量絶滅、付加体、造山運動、物質循環、同位体、化石


礫岩中の微化石に基づく後背地の復元

礫岩層には様々な種類の礫が含まれています。その中には礫岩層堆積当時の基盤岩類や後背地に由来する礫も含まれています。遠洋性堆積物であるチャートや珪質頁岩礫からは放散虫やコノドント等時代決定に役立つ微化石が産します。礫岩中の微化石は日本列島のような付加体地域の削剥過程を考察する際に極めて重要な情報を提供してくれます(指田)。


ペルム紀-三畳紀境界の古環境

顕生代最大の絶滅事変が起こったペルム紀-三畳紀境界について、層序学的・古生物学的研究を行っています。コノドント(写真)はこの絶滅事変を無傷で生き残った数少ない生物なので、地層中から絶滅事変の層準を割り出すために役立ちます。岩石中に含まれる化石の3Dイメージから、コノドントの系統、古生態などを調べています。(上松)



堆積岩から見えてくるアジアの形成史と人類の世界拡散

砂岩や礫岩などの砕屑性堆積岩や、チャートや石灰岩などの生物堆積岩の岩石学的な研究を通して、地球史やテクトニクスを解明する研究を行っています。 フィールドは日本列島を含む東アジアから東南アジア、そして西アジアを対象に しています。最近では、イラン・ザグロスの古代ホモ・サピエンスの石器素材である放散虫岩について研究を行っています。(久田)


古海洋パレオテーチスの発達と閉塞

超大陸の離合拡散、古海洋の閉塞は、地質時代を通して何度も起こっている現象です。地層の微化石(放散虫)や地層の変形を調べることで、例えば、かつての古海洋(パレオテーチス)の始まりと終焉の時期が分かります。さらに、アジアの地質を俯瞰的に調べることにより、アジア大陸の形成や古海洋の発達と閉塞といった悠久でダイナミックな地質発達史を調べることができます。(鎌田)


海洋環境変遷と断層すべりの意外な関係

 深海でたまった地層には海洋環境変遷が記録されています。この地層を丹念に調べていくと、酸素欠乏時に深海にゆっくりと降り積もった有機物や粘土鉱物が、その後の断層発達や地震時のすべりをコントロールしていることが分かってきました。海洋環境変遷明らかにすることで、なぜそこに断層があり、地震が起こるのか、といったことまで分かってしまうのです。これぞ地質学研究の醍醐味です。(氏家)


化学で読み解く恐竜絶滅のなぞ

今から6600万年前(白亜紀末)にメキシコのユカタン半島に直径10kmほどの小天体が衝突しました。これが恐竜やアンモナイトなど多くの生物を絶滅に追いやった「大量絶滅イベント」の引きがねとなったことは、岩石や鉱物の元素組成などの化学的情報を調べることによって明らかになりました。大きな変化の痕跡を化学を使って調べています。(丸岡)


この研究テーマに関係する教員

氏名 研究キーワード
上松佐知子 微化石、コノドント、筆石、古生代、三畳紀、大量絶滅、生層序、古環境
氏家恒太郎 テクトニクス、付加体、流体、四万十帯、美濃帯
鎌田 祥仁 付加体地質学、中・古生代東南アジアのテクトニクス、放散虫チャート
甲能直樹 * 哺乳類古生物学(主に水生哺乳類)
指田 勝男 微古生物学、放散虫、コノドント、フズリナ、中古生代、東南アジア、古生物地理
重田康成 * 古生物学、地質学
角替 敏昭 ゴンドワナ大陸、先カンブリア時代の地殻進化、大陸衝突型造山帯
久田 健一郎 砂岩の後背地問題、陸上付加体の形成過程、及び南アジアのテクトニクス
藤野 滋弘 地層学、堆積学、津波堆積物
丸岡照幸** 地球宇宙化学、環境動態解析、同位体地球化学、質量分析、大量絶滅

注 * は連携大学院の教員、**は協力関係にある教員