コアとなる講義

固体地球の変動を理解するために、コアとなる講義を整備しました。3つ講義がありますが、ホップ(地球基礎数学)・ステップ(地球変動・資源科学)・ジャンプ(地球変動科学)>なので、受講する順番は重要です。新しい概念を理解するのは難しいですが、分かると楽しかったりもします。Let's Try!

地球基礎数学(学類2年生向け 春学期BC)

地球科学に使用する基礎的な物理数学を6回講義します。担当箇所は常微分方程式,振動問題,偏微分方程式,テンソルです。教科書は「物理のための数学(和達、岩波出版)」を使います。演習がないので、レポートでこれを補うことをしています。

地球変動・資源学(学類2年生向け 秋学期A)

下記の内容について、5~6回講義を行います。
  1. 固体地球変動の基礎
    応力の定義、主応力の求め方、平衡方程式、歪み、体積変化と回転、弾性体の構成則、ナビエの式、波動方程式
  2. 地震を知る
    地震の発生メカニズム、地震活動、地震サイクル等

地球変動科学(学類3年生向け、秋学期ABC)

地球変動を理解するための基礎となる講義を行います。地球基礎数学、地球変動・資源学の八木担当分を理解していることを前提として講義を行います。
  1. 地震のお話
  2. 波動伝播の基礎(地震波を伝える媒体、波面と波線、多層構造・表面波・固有振動)
  3. 震源モデル(1)(放射パターン、モーメントテンソル、ダブルカップル)
  4. 震源モデル(2)(震源メカニズム、断層面の記述、巨視的断層モデル、断層運動による波動)
  5. 震源モデル(3)(ハスケルモデルの波動、Directivity、円形クラックモデル)
  6. 震源モデル(4)(表現定理、グリーン関数、等価体積力、地震モーメント)
  7. 震源モデル(5)(変位場、遠地実体波、断層運動に関係する応力)
  8. 地震情報(1)(揺れの情報、計測震度、震源、マグニチュード、地震波動エネルギー)
  9. 地震情報(2)・地震計(震源インバージョン、地震計、観測網)
  10. 岩石の破壊(1)(主応力・モール円、古典的な破壊条件、破壊条件とモール円、断層の強度)
  11. 岩石の破壊(2)(線形破壊力学、凝着力and/or塑性変形、断層の摩擦則)
  12. 多様な震源過程(破壊フロントの応力・すべり、規格化した強度、深発地震、津波地震、巨大地震、誘発地震)

コアとなる実験・演習

地球変動資源学実験(学類3年生向け、春学期C)

震源決定方法、地震活動解析、震源メカニズム解析、波動伝播実験、施設見学を通じて、地球変動の理解を深めるのが本実験の目的です。地球変動資源学で勉強した内容が実験を理解するためのベースとなっているので、復習をしましょう。

地球変動科学演習(学類3年生向け、春学期C)

「地殻ダイナミクスと地震発生(菊地正幸編、朝倉書店)」をルールを決めて読みます。地球変動について理解を深めると共に、専門書の読み方を訓練することが本演習の目的です。セミナーの手引き

教養のための講義

総合科目「巨大地震による複合災害−発生メカニズム・被害・都市や地域の復興」

講義ノートはここからダウンロードできます。IDやPWは講義で告知します。

地球学概論I(学類1年生、春学期)

地球科学の基礎である,プレートテクトニクス・アイソスタシー等について3回講義を行います.

地球進化学II (学類1年生向け、秋学期)

地球科学の基礎について3回講義を行います.
  1. 第3回目 地震活動 のPDF
    IDとパスワードは講義で告知します。

© Yuji Yagi. All Rights Reserved. E-mail: yagi-y at geol.tsukuba.ac.jp