2007年1月13日 千島列島沖で発生した地震の断層破壊のイメージング(暫定)

ここでは、 FDSNの地震波形記録をIRIS-DMCからダウンロードして,波形インバージョン法(Yagi et al., 2004) に適用して, 地震の時空間のすべり量分布の変化を求めました.現在,解析プログラムを変更中のため,ABICを考慮した解 (Fukahata et al., 2003, 2004) となっていません.従って,最大すべ滑り量はファクターで変化する可能性があります.

結果

地震モーメント Mo = 1.6 x 10**21 Nm (Mw 8.1);
破壊継続時間 T = 47s;
(strike, dip, rake) = (215, 45, -110)
震源: (Lat. = 46.34 Lon. = 154.43, depth= 24 km).
[ここで,震央はUSGSの速報値を使用しました.]

破壊は、震源から北東方向に伝搬しました。破壊開始点(震源)の深さは24kmですが、主破壊は震源より浅い領域に位置します。海溝近傍で発生する巨大地震は主に二つのタイプがあります。一つはプレート境界で発生する低角逆断層型の地震、もう一つは海洋プレート内で発生する正断層型の地震です。今回は、後者のタイプとなります。さて、今回の地震は、2006年11月に発生 した地震と密接に関係していると考えられます。一般に、プレート境界型巨大地震が発生した後は、このタイプの地震が起こりやすくなります。
(文責 八木勇治: 筑波大学大学院 生命環境科学研究科)

Distribution of fault-slip

Figure : (upper left) Focal mechanism; (upper right) Total moment-rate function; (lower) Distribution of coseismic slip. Star indicates the location of the initial break.

Map View

Figure: Hypocenter of the main-shock determined by USGS.

Waveform comparison

Figure : Comparison of the observed waveform (Black) with the calculated waveform (Red). The numbers below the station code indicate maximum amplitude in microns. The start time of the traces is lined-up at 10 (s) before the P-wave arrival.

 


Figure : Teleseismic stations used in inversion. The star represents the epicenter of the main-shock.


Reference

Fukahata, Y., Y. Yagi, and M. Matsu'ura, Waveform inversion for seismic source processes using ABIC with two sorts of prior constraints: Comparison between proper and improper formulations, GRL 30, 10.1029/2002GL016293, 2003.

Fukahata, Y.; A. Nishitani; M. Matsu'ura, Geodetic data inversion using ABIC to estimate slip history during one earthquake cycle with viscoelastic slip-response functions, Geophys. J. Int., 156, 140-153, 2004.

Yagi, Yuji ; T. Mikumo; J. Pacheco; G. Reyes, Source rupture process of the Tecoman, Colima, Mexico earthquake of January 22, 2003, determined by joint inversion of teleseismic body wave and near source data, Bull. Seism. Soc. Am., 94, 1795-1807, 2004.