2006年5月26日ジャワ島中部で発生した地震の震源過程

 FDSNとGSNの地震観測ネットで観測されてIRIS-DMCが収集している遠地実体波波形,防災科研とインドネシア気象庁(BMG)と共同で運営している 広帯域地震観測(Realtime-JISNET)震源近傍の広帯域地震記録を使用して,ジョイントインバージョンを行って,断層面上の破壊伝搬の様子を明らかにした.

遠地実体波を最も説明できる断層面モデルをグリットサーチにより求めた後,遠地実体波と震源近傍の波形を使用して詳細な破壊伝搬過程を求めた.  ここで,震源から南東から南方向に位置する観測点(PMG,HNR,CTAO,STKA, CASY, SNAA)の記録は,初動近傍の振幅が大きく,これらの記録と他の観測点の記録を 同時に説明しうる断層面モデルを今回は構築することができなかった.この原因については,今後の検討課題である.

解析結果

地震モーメント Mo = 0.612 x 10**19 Nm (Mw 6.5);
破壊継続時間 T =約40sec;
(strike, dip, rake) = (56, 70, 11.2)
震源: (Lat. = -7.955 Lon. = 110.43, depth= 10 km)
  [震央はUSGSの値を使用しました.]

 南西北東方向の走向を持つ,横ずれ断層が深さ15km以浅で発生した.モーメント解放履歴は,複雑であり,継続時間は約40秒にも及ぶ. 継続時間は過大評価されている可能性が高いが,仮に破壊が30秒継続したと仮定しても,平均的なMw6.5規模の地震と比較すると倍以上長い. また,破壊伝搬速度は,約1.4km/secと遅い.

 地震は,二つのサブイベントに分ける事ができる.まず,地震開始から3秒後に,サブイベント1が発生し,破壊は主に地上(北方向)と北東方向に向かって伝搬した. 地震開始から約12秒後に,サブイベント2が発生した.このとき,破壊は主に北東方向に向かって破壊が伝搬した. 破壊が伝搬する方向の地震波の振幅は大きくなる効果(directivity)ことより,破壊の進行方向の地域では,被害が大きくなった可能性がある.

 今回の地震は,破壊が2段階に分かれて起こった. そのため,遠地実体波のみを見ていると,サブイベント2によるP波,pP・sP波 (震源近傍の地表から反射してくる波)をサブイベント1による震源近傍の地表から反射してくる波(pP波,sP波)と見間違えやすい. 読み間違えて震源の深さを決定すると 30〜40kmとなり実際より深く求まってしまう.また,今回の地震はサブイベント1が発生する前に, 3秒程度の初期破壊が存在する.遠地実体波でも良く見れば,確認できるが, シグナルが小さいために,見落としがちである. 今回の地震は,遠地実体波のみの情報で解析するのが困難であり,Realtime-JISNETの広帯域地震記録が非常に重要である.
(文責 八木勇治: 筑波大学大学院 助教授; 建築研究所 客員研究員; 防災科学技術研究所 客員研究員)

防災科研Realtime-JISNETによって観測された2006年5月26日ジャワ島中部の地震
防災科研Realtime-JISNETの波形データを用いた震源メカニズム解析
暫定解のページ

震源メカニズム解,モーメント速度関数,断層面上の滑り分布

滑り分布

現在の所,震央はUSGSの値を使用しています.

波形の比較(黒:観測波形,赤:理論波形)

遠地実体波(P波)を使用したモーメントテンソルインバージョンの結果

解析に使用した遠地観測点


解析には,IRIS-dmcから入手したFDSN,GSNの遠地実体波記録を使用しました.また防災科研の井上博士,熊谷博士,中野博士には,有益なコメントを頂きました. 記して感謝します.

2006/6/1 20:11